亜鉛メッキボックスプロファイル

galvaniz kutu profil

亜鉛メッキボックスプロファイルとは?

亜鉛メッキボックスプロファイル、亜鉛メッキ この処理は、金属材料または鋼材料を大気腐食、すなわち発錆反応から保護するために行われます。亜鉛メッキ処理は、さまざまな亜鉛メッキ方法で行われますが、ボックスプロファイルの製造方法により、ディップ亜鉛メッキ方法が優先されます。すべての溶接作業は、鉄および鋼材に亜鉛メッキを施す前に完了する必要があります。 亜鉛メッキボックスプロファイル 製造時に選択された材料に注意を払うと、それらが冷間圧延板または熱間圧延板から製造されていることに気付くでしょう。熱延コイル板をロール状に成形した後、縦方向に溶接することでボックスプロファイルが得られます。このプロセスでは、溶接が終了したボックスプロファイルが亜鉛メッキに適しています. 要約すると、防錆または塗装されたボックスプロファイルよりも亜鉛メッキボックスプロファイルが好まれる理由は、寿命が長いためです.

Galvanizli kare profil, galvanizli demir profil, galvanizli kutu profil, galvanizli paslanmaz çelik profil, çelik kare profil, içi boş çelik profil, kutu profil fiyatları

亜鉛メッキボックスプロファイルの特徴?

熱間圧延は、熱延コイル鋼板または冷延コイル鋼板を縦溶接した後、溶接する方法です。亜鉛メッキ ボックス プロファイルの重量と非亜鉛メッキ ボックス プロファイルの重量は、互いに非常に近い値です。亜鉛メッキ ボックス プロファイルが亜鉛メッキされている間、m2 あたりの亜鉛メッキ コーティングの量を決定できます。イスタンブールとゲブゼで亜鉛メッキボックスプロファイルを製造できます.

亜鉛メッキボックスプロファイルの使用領域?

亜鉛メッキボックスプロファイルは、一般に、建設、鉄骨構造、コンテナ製造など、さまざまなプロジェクトで使用されています.外装材、機械製造、石膏ボード間仕切用の室内装飾、鉄骨屋根などに使用されます。などの建物に使用されています。 亜鉛メッキボックスプロファイル 寸法は標準で 50 mm からです。それらの厚さと寸法は、標準のボックス プロファイル寸法と同じです。亜鉛メッキされた鉄とスチールのボックス プロファイルは、必要なさまざまな寸法とコーティングの厚さに応じて製造されます。

Galvanizli kare profil, galvanizli demir profil, galvanizli kutu profil, galvanizli paslanmaz çelik profil, çelik kare profil, içi boş çelik profil, kutu profil fiyatları
亜鉛メッキ正方形プロファイル、亜鉛メッキ鉄プロファイル、亜鉛メッキボックスプロファイル、亜鉛メッキステンレス鋼プロファイル、鋼正方形プロファイル、中空鋼プロファイル、ボックスプロファイル価格
エラー: コンテンツは保護されています!!
ja日本語