耐熱鋼p355

Isıya Dayanıklı Çelik kaliteleri

耐熱鋼P355GH

耐熱鋼 P355GH鋼板EN10028 P355GH 鋼板は、ボイラーおよび圧力容器の鋼材の一種です。 EN10028 耐熱鋼 P355GH 鋼板は、280 ~ 355 MPa の最小降伏強度と良好な溶接性を特徴としているため、 耐熱鋼 P355GH その鋼は、主にボイラー、圧力容器、および高温の液体を輸送するパイプの製造に使用されます。以下は、EN10028 P355GH 鋼板の化学組成と機械です。特徴.

耐熱鋼P355GH 化学分析

品質 C. % Mn.% S。 N C nb Ti。 Si。 p。 得る cr。 紀元前 Ni vi
P355GH 0.10-0.22 0.10-1.70 0.015 0.012 0.30 0.020 0.03 0.60 0.025 0.020 0.30 0.08 0.30 0.02

耐熱鋼P355GH 鋼の機械的性質

品質 タイプ 厚さmm 降伏強度Mpa(min) 引張強さMPa 伸び%(分) 衝撃エネルギー(KVJ)(分)
-20° +20
P355GH 正規化 ≤1616>to≤4040>to≤6060>to≤100100>to≤150150>to≤250 355 510-650 20 27 34 40
345 510-650 20 27 34 40
335 460-580 20 27 34 40
315 490-630 20 27 34 40
295 480-630 20 27 34 40
280 470-630 20 27 34 40

ボイラープレート鋼耐熱鋼P355GH鋼サプライヤー、P235GH鋼、P265GH鋼、P295GH鋼も供給できます。ご希望の場合は、お問い合わせください。

p355 kalite - erdemir 6345 kalite
p355品質–エルデミル6345品質

耐熱ボイラーシート

ボイラーシーツ、プロのP355GH 輸出業者と 彼は仕入れ業者です。毎月1000トン以上の在庫があります P355GH 鋼があります。 P355GH鋼の価格をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。 P355GH 化学組成と機械的性質に関する必要性, メールまたはお電話でお気軽にお問い合わせください。

N 10028-3 –圧力下で作業するためのスチールフラット製品の生産を規制します。溶接性に優れた細粒鋼の製造に使用されます。

EN 10216-3 –圧力下での鋼製シームレスパイプの製造を規制します。パイプ材質:合金細粒構造用鋼

EN 10217-3 –圧力下での溶接鋼管の製造を規制します。パイプ材質:合金細粒構造用鋼

EN10222-4-圧力容器用の鋼鍛造品の製造を規制します。材質:シール強度の高い細粒溶接鋼

EN 10253-2 –特別な管理が必要な非合金および合金フェライト鋼からの突合せ溶接パイプ用の継手の製造を管理します

EN 10273 –指定された高温特性を備えた圧力容器用の熱間圧延溶接鋼棒(円)の製造を規制します

 

化学的性質P355NH(1.0565)

 

厚さ(mm): 60まで 60 – 100 100 – 150 150 – 250
rm –引張強度(MPa)(+ N) 490-630 470-610 460-600 450-590

 

厚さ(mm): 16まで 16 – 40 40 – 60 60 – 100 100 – 150 150 – 250
ReH –最小降伏強度(MPa)(+ N) 355 345 335 315 305 295

 

KV –衝撃エネルギー(J)横方向、(+ N) -20°
27-30

35-40
+ 20°
39-50
KV -衝撃エネルギー(J)経度、 -20°
40-45

47-65
+ 20°
55-75

 

厚さ(mm): 60まで 60 – 250
A –分破断点伸び(%)(+ N) 22 21

 

 

  P355NH相当グレード(1.0565)

警告!参考まで 

EU
多くの
米国
ドイツ
DIN、WNr
フランス
AFNOR
英国の
BS
イタリア
UNI
P355NH
A662Gr.C
WStE355
A510AP
224Gr.490
FeE355-2

 

P355NH 機械的性質

ReH最小降伏強度/ Mindestwert der oberen Streckgrenze /制限された弾性最小
Rm引張強さ/ Zugfestigkeit /牽引抵抗
最小伸び/ Mindestwert der Bruchdehnung /最小長さ
Jノッチ衝撃試験/ Kerbschlagbiegeversuch / Essai de flexion par choc

熱処理条件

+ソフト焼きなまし
+ AC焼鈍により、炭化物を球状にします
+ ARロール
+ ATソリューションをアニーリング
+ Cコールドドロー/ハード
+ CR冷間圧延
+ FPフェライトパーライト構造と硬度範囲で処理
+ I等温アニーリング
+ LCコールドドロー/ソフト
+ M熱機械ローリング
+ N正規化
+ NT正規化および強化
+ P沈殿が固まった
+ PEストリップ
+ QA空気焼入れおよび強化
+ QL焼入れおよび強化液
+ QT焼入れおよび強化
+ S切断性を改善するために処理
+ SH丸めて回転
+ SRコールドドローとストレス解消
+ T強化
+ TH硬度範囲で処理
+ WW熱く働いた
+ U未処理

エラー: コンテンツは保護されています!!
ja日本語