イスタンブールレーザー切断

metal kesim model

イスタンブールレーザーカットモデル

イスタンブールレーザー切断 モデルの一部とレーザーカットされた視覚的な多様性を調べることができますcnc lazer kesim örnekleri

 

レーザーカット寸法

イスタンブールレーザー切断 上の写真のように、1m~2mのレーザーカットが一般的に好まれるサイズです。もちろん、庭の壁やその他の目的のために、さまざまなサイズのレーザー切断を行うことが可能です. パネルまたは錬鉄として使用されるレーザー黒色金属シート切断プレートの設計とモデリングは、私たちによって行われます.さまざまな方法でレーザー プレートを切断したい場合は、図面を autocad 形式で送信する必要があります。イスタンブールでのレーザー亜鉛メッキ切断価格については、当社の顧客担当者にお問い合わせください。

レーザーカット価格計算

レーザー cnc 切断価格の計算には、まず、cnc レーザー鋼切断する材料の製図が必要です。 cnc レーザー金属切断の価格調査は、製図なしでは行うことができません。 イスタンブールレーザー切断 cnc レーザー板金切断の製図をお持ちでしたら、弊社までお送りいただければ、価格調査後すぐにお送りいたします。

イスタンブールレーザー切断モデル

今日 レーザー切断 マシンは、ステンレス、炭素鋼、亜鉛メッキ、さらには大小の企業向けのアルミニウム材料など、レーザー切断可能な金属を簡単に処理できます。その結果、企業は、非常に複雑な金属部品、試作品、およびカスタマイズされた部品をコスト効率よく効率的にレーザー切断する絶好の機会を得ることができます。

- ステンレス鋼
- 軟鋼
- アルミニウム
- ご飯
- 銅
– 薄いシート
– 5mm 未満の優れた速度
– 運用コスト効率
– 信頼性の向上
– より長い耐用年数

イスタンブール金属レーザー切断

イスタンブール レーザー切断 集束された高出力レーザービームを使用して材料をカスタム形状やデザインに切断する製造プロセスです。このプロセスは、金属、プラスチック、木材、宝石、ガラス、紙など、さまざまな素材に適しており、特別に設計されたツールを必要とせずに、精密で複雑で複雑な部品を製造できます。

レーザー金属切断には、フュージョン カット、酸化カット、スクラッチなど、いくつかの種類があります。各 イスタンブールレーザー切断 スチール切断プロセスは、機械切断やウォーター ジェット切断などの他の従来の切断プロセスよりも高い精度、精度、および高品質の端面を備えた部品を製造でき、多くの場合、材料の汚染、物理的損傷、および廃棄物が少なくなります。これとともに、 イスタンブールレーザー切断 シムは、従来の切断プロセスよりもいくつかの利点を示しますが、反射材料や二次加工と仕上げが必要な材料の切断など、一部の製造用途では問題が生じる可能性があります。特定の切断用途で要求される要件と仕様 (たとえば、材料と特性、エネルギーと電力消費の制限、二次終端など) は、使用に最適な切断アクションのタイプを決定するのに役立ちます。

Dudullu レーザー切断の利点

各切断プロセスには長所と短所がありますが、この記事では、レーザー鋼切断プロセス、レーザー鋼切断プロセスの基本、およびレーザー鋼切断機に必要なコンポーネントと機構に焦点を当てます。さらに、この記事では、さまざまなレーザー切断方法とアプリケーション、プロセスの利点と制限、およびレーザー金属切断と他の切断プロセスとの比較について調べます。

metal kesim model
メタルカット柄

イスタンブールレーザー切断 機械とプロセス

レーザー板金切断は、金属および非金属材料に適した非接触の熱ベースの製造プロセスです。レーザー プレート切断プロセスがスムーズかつ最適な能力で実行されるためには、レーザー金属切断機の構成と設定、切断される材料とその特性、レーザーと補助の種類など、いくつかの要因を考慮する必要があります。ガス使用。

イスタンブールレーザー切断 機械のコンポーネントと機構の概要

切断ツールと動力装置を使用する機械切断や、加圧水と研磨材を使用するウォータージェット切断とは異なり、レーザー カスタム カット切断では、レーザー切断機を使用して彫刻とマーキングを作成します。レーザー切断機はモデルごと、アプリケーションごとに異なりますが、一般的なセットアップには、レーザー共振器アセンブリ、ミラーとレーザー焦点レンズ、圧縮ガス アセンブリ、およびノズルを備えたレーザー切断ヘッドが含まれます。基本的なレーザー プロファイル切断プロセスには、次の段階が含まれます。

ビーム生成
ビーム集束
地域暖房と溶解
素材投げ
ビーム移動
各段階はレーザー切断プロセスの不可欠な部分であり、適切に実行されると正確な切断が行われます。

レーザービーム生成

「レーザー」という用語は、略語のLASERまたは誘導放射放出による光増幅に由来します。基本的に、この頭字語は、レーザー生成 (刺激と増幅) の基本原理を要約したものです。これらの原理に加えて、レーザー共振器は、自然放出と誘導放出のプロセスを使用して、空間的およびスペクトル的にコヒーレントな高強度の光ビーム (つまり、レーザー ビーム) を生成します。

自然放出: レーザー共振器には、フラッシュ ランプや電気アークなどの外部エネルギー源によって電子が励起されるアクティブ レーザー媒体 (CO2、Nd:YAG など) が含まれています。媒体がエネルギーを受け取って吸収すると、その原子は自然放出として知られるプロセスを経験します。このプロセス中に、原子によって吸収されたエネルギーにより、原子の電子が一時的により高いエネルギー準位にジャンプし、その後基底状態に戻ります。電子が基底状態に戻ると、原子は光子を放出します。

誘導放出: 自然放出によって生成された光子は、2 つのミラーの間のレーザー共振器の空洞にある媒質を通って移動します。一方のミラーは光子が媒体を通過できるように反射するため誘導放出を放出し続け、もう一方のミラーは一部の光子を逃がすために部分的に透明になっています。誘導放出は、光子 (つまり、入射光子) が、既により高いエネルギー準位にある原子を励起するプロセスです。この相互作用は、同じ固定波長の第 2 の光子、または入射光子と互換性のある第 2 の光子を放出することによって、励起された原子を強制的に基底状態に陥らせます。

エラー: コンテンツは保護されています!!
ja日本語